アホ花を咲かそう

 

アホのすすめ11/アホは死んでからも、人の心にそのアホ姿が浮かばなければならない。そしてやがて忘れらるだろう。しかし、アホの波動は、後世の人々の無意識下に響き渡り、「アホ花」となって世代を超えて咲き伝わっていく。それは人をも超えて、生きとし生けるもの、生きていないものにも広がっていく。アホは永遠なり。アホ10条をもって完。

アホの手本

 

アホのモデル1/「アホのすすめ」の付録。アホの手本をしばらく記す。お笑い芸人のよゐこ濱口には、年齢も近く親近感を抱いている。吉本興業といったビックメーカーではなく、マイナーな松竹芸能から、あまり期待されない芸人として出発したのも好感。この人の魅力は、天然のアホの芸風だ。「プロのバカ」とも言われている。己を一切飾らない素直さがよい。鼻に爪楊枝を指した彼のひょっとこ踊りは、古典アホ芸能を極めたものだ。


<< | 2/2PAGES |

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode