疑似カリフォルニア・スカイ

 

ブルー5/先ほどホテルのブレイクファスト(朝食)を済ませ、ワイン片手にプールサイドに立つ。華やかな嬌声と水しぶきの音が、酔ってほんのり熱い肌に爽やかだ。カリフォルニアの乾いた紺碧の空が、私の頭上に広がる…。ウソです。ここは東京足立区の安マンション4階の階段踊り場。上の風景は、隣家で、その屋上にかかる梯子である。一瞬プールサイドに見えて、妄想を広げてみた。また旅に出たいが資金はなし、地べたにギュウギュウ押さえつけれてる心境。実はカリフォルニアなんか行きたくない。同じ空のブルーを見るなら、濃紺のチベットがよい。健康な空より、神秘の空へ堕ちていきたいもの…。蚊に食われて疲れ切った8月末の朝。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode