はじめに

 

1/私はライターの上田隆と申します。先日、東京都中野区を拠点とする河合工務店の仕事を絵と文でつづった冊子を制作しました。上はその表紙 (デザイン=イマジンクリエイション・伊豆田昌功)です。
 河合工務店は、3つの柱があります。日本の山の木を使うこと。化学建材を避けること。伝統の技でつくること。この柱を徹底的に追求して、本当に心地よい健康に配慮した住まいを日々つくられています。そこに惹かれ、1年かけて取材させていただき、「絵によるドキュメンタリー映画」のつもりでまとめました。
 同工務店の河合孝前社長とは、「パプアニューギニアとソロモン諸島の森を守る会」がご縁で知り合いました。河合前社長も私と同じく、熱帯の原生林伐採に反対する村に滞在するツアーに参加されています。熱帯材の合板使用に異議をとなえておられ、自然を破壊する森林伐採の現状をこの目で確かめられたとのこと。社会への主張と家づくりの仕事がつながっている河合工務店の魅力をここに描きこみました。
 冊子は2012年4月13日、目黒雅叙園にて開催された、「三十年感謝の集い」にて配布。同日に三代目の河合稔さんが新社長に就任されました。それゆえ、このブログで披露する冊子の内容(全93枚)を、同社の歴史書であるとともに、未来の宣言書として読んでいただければと思います。
  

スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode