禁煙宣言、立ち合いました



心臓リハビリ6/では診察に戻って。榊原記念病院では、禁煙外来も行う。喫煙は、もちろん心臓にひどく悪い。タバコのニコチンは、心臓に酸素や栄養を与える冠動脈を収縮させ、心筋梗塞の原因となる。上の患者さんは、この日、禁煙を宣言。そして「禁煙宣言書」に、長山医師とともに署名し、「私はニコチン依存症であることを認識し…」と、宣言文を読み上げることに。ニコチンパッチは、ニコチンを皮膚から吸収させる禁煙補助薬。喫煙と同じくニコチンが体に入るが、タバコを口にくわえて吸う習慣から離れる第一歩の治療法だという。禁煙経験者の長山医師は、そのつらさを知るので、心強い味方。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode