筋肉質の「リンゴ」

 

心臓リハビリ5/心臓は、よく左胸にあると言われているが、実は胸の真ん中に位置する。重さは成人で約300グラムで、リンゴほどの大きさ。右心房に大静脈、左心房に肺静脈がつながり、右心室からは肺動脈、左心室からは大動脈が出ている。上半分の心房が血液を静脈から集め、下半分の心室がギュッと収縮して動脈に血を送り出す。左心室の筋肉が分厚いのは、全身に血液を送るための強い力が必要だから。その猛烈な速さの血液がほとばしる大動弓も、ごっつい。「ズン」は房室弁(僧帽弁と三尖弁)が閉じる音。「タッ」は肺動脈弁と大動脈が閉じる音。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode