急いで復習、「心臓とは」

 

心臓リハビリ4/診察風景を前に、急いで心臓の構造を頭の中で復習する。心臓は休みなく鼓動し、4つの部屋を使って、血液を送り出している働き者。その血液の量、なんと1時間でビール瓶500本分!血液の流れは、こうだ。全身の細胞は、血液によって酸素をもらい、また生産した二酸化炭素を運んでもらう。心臓はその血液を大静脈を通して集め、肺に送る。ここで酸素をたっぷり詰め込み、二酸化炭素を取り除く。生きのよくなった血液を肺静脈から集めて、大動脈にドンと送って全身に流す。4室の名、弁の名は疾患名でよく出てくるので、しっかり覚えよう。酸素は体のエネルギーの元で、二酸化炭素は残りカスみたいなイメージか。血液さんの頭に示したが(静脈の血液には白丸が残ってる)、体は酸素を全部使い切ることはないようだ。

コメント
養護教諭を目指して、解剖学のまとめ直しにつき心臓の血液の流れを学習しております。
イラストで書かれておりわかりやすさに感動しました。
事後報告で申し訳ありませんが、イラスト真似させていただきましたσ(^_^;)
ありがとうございます。
  • 瀬田
  • 2013/03/28 3:29 PM
メッセージありがとうございます。現場の方にご利用いただき、大変嬉しいです。複雑なことを分かりやすく伝えたいと模索している所なのでとても励みになりました。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 旅人
  • 2013/03/29 6:12 AM
はじめまして。高校生で、生物のテストの勉強をしていました。
何を見てもイマイチずっとよくわからなかった心臓の血液の循環について画像検索していたところ、大変わかりやすいこのイラストを見つけました。助かりました。ありがとうございました。
  • くま
  • 2013/09/09 4:18 AM
くま様 わざわざコメントを寄せていただき、ありがとうございます。お役に立てて、とてもうれしいです。描きながら、心臓ってよくできてるなと思いました。学校を出てからずいぶんたちますが、今になって物を知ることはとても楽しいと思います。テスト勉強ってつらいこともありますが、ぜひ楽しみながら学んでください。今後ともよろしくお願いします。
  • 旅人
  • 2013/09/09 11:54 AM
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode