10万年後の安全、なんて…

 

渋谷のアップリンクで「100,000年後の安全」を見る。プロジェクト名「オンカロ」はフィンランド語で「隠れた場所」。原子力発電所で使用したウラン燃料を捨てるゴミ捨て場の話である。世界で最初の建設事業だ。完成するのは100年後! 原発反対賛成の議論の前に、日々、世界中に放射性廃棄物が雪だるま式に増え、安全に捨てられてない現状を改めて認識。フィンランドのみ真面目に取り組んだわけだ。映画の中でのプロジェクト関係者の議論は本当に驚く。10万年先の人類を見越しての安全性を、真剣に考えようとする。しかし、結論は当然「予測不能」だ。人類自体変わっているだろうし(存続しているかどうか)、10万年残る施設なんて人類史上存在しない。もうこれは「哲学的事業」だ。原発問題とは、実にとほうもない。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode