人生綱渡り

 

書籍企画「○○力」8/人生、断崖絶壁に張り渡した細い綱を渡るがごとく。一歩間違えば奈落の底。かといって危険に身をすくませることなく、泰然自若とすべし。この緊張の中で心のバランスを保つ力を「綱渡り力」とする。 「ウクレレの弦のごとく、適度な張りがあってこそ、美音は奏でられる」としたり顔で言う高木ブーも綱の上に描こうとしたが、スペース足りず。また、「綱渡り状態は、単に今のあんたじゃないか!」とつっこむのはやめてください。人生の心得、処世について説いた啓発本の企画。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode