この世で一番恐ろしい力

 

書籍企画「○○力」7/人気子役の芦田愛菜を描いたが微妙な似方。「おねだり力」の凄まじさを実感したのは、彼女が出演する某CM。目の前で同じセリフを言われたら即答でイエスと言うだろう(もちろんランドセルのくだりまで)。なぜか。可愛いからか。いや、もっとややこしい。先方は、こちらに身を預けるような頼りなさで「可愛い」という感情をかきたてつつ、こちらの身を逆にしばる。先方はそれを自覚しつつ、自分の欲求をねじ伏せるように求めてくる。実に憎たらしい。「おねだり力」とは、容姿のよい人物だけが持てる能力なのか。いや、催眠術と同じようなものかもしれない。通常の人間にも使えるテクニックがある気がする。しかし! 気高く生きるなら、人におねだりするなんてもってのほか!この本の企画は、「おねだり力」を検証し、その力を防御する術を解説する。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode