「犯罪」と「教育」の要

 

エーリッヒ・フロムの『自由からの逃走』は、

清書して額に飾りたい言葉が沢山ある。

一文を抜粋してみた。

 

「生命を求める衝動が妨害されればされるほど

破壊を求める衝動は強くなる。

生命が実現されればされるほど

破壊性は弱くなる。

破壊は生きられない生命の爆発である」。

 

まさに、そう。

 

犯罪者とは、「生命を求める衝動が妨害」されて、

自身の生命を「爆発」という「暴発」にいたらしめ

ることで、

人生をだいなしにした気の毒な人である。

 

学校教育は、今もって子どもに対して、

「生命を求める衝動」を「妨害」し、

その生命を社会の鋳型にはめる

抑圧機として機能している。

 

「生命の実現」に導くことこそ真の教育であり、

真の教育は、人間を「生きられない生命の爆発」へ

追いつめる犯罪者を絶無にする。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode