ドングリは、無邪気にコロコロせず

 

発達障害児向けアート授業の教材に

ドングリがいいかなと、足立区の公園に

探しに行く。

 

しかし、10月ともなると、

ドングリは土に入り込んで

ふにゃふにゃになっている。

半分腐っているようだ。

 

自然の生々しさ、生臭さ。

こうしたメタモルフォースの

エロティズムを

子どもは感じてもよいのではと思う。

 

しかし、腐ったドングリは、

教室ではとても教材にならない。

不潔で菌がウヨウヨしてるからだ。

 

教材は、紙粘土、絵の具、ダンボールなど

無菌的な安全な素材でないと、

50分という限られた時間の中での

授業はなりたたない。

 

本来、子どもは子ども自身の秘密の時間を

持たなくてはならぬ。

そのデリケートな時間を、

親がわざわざ金を払って、他人の講師に

確保させる、という意識的な行為を

しなくてはならない「今」という時代は、

相当に歪んでいる。

 

そう感じつつ、その歪みの中に

入り込んでささやかな営利を得ている

「私」という存在は、

いったい何なのだろうか?

 

 


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode