研修初日

 

「こどもみらい園」という発達障害の児童を

個別指導するアート部門の講師となる。

昨日は、その研修の初日だった。

 

造形作家先生の、4名の4つの個人指導を見学。

木刀づくり、マインクラフト、ピタゴラスイッチ、

ダンボールのお絵描きとバラエティに富む。

先生は、饒舌な子、寡黙な子など、

それぞれに合わせ対応するが、

変幻自在の指導ぶりに圧倒される。

「芸能」の域だなと思う。

 

今回はみんな男の子だったが、

とても講座を楽しんでいる姿が微笑ましかった。

小学校3年4年、中学生の児童だったが、

イメージしていた「発達障害」とは大きく違う。

ずば抜けて賢いがゆえに、

学校で浮いてしまうという子もいる。

 

面食らったのは、子どもの遊びが高度になっていること。

とくに「マインクラフト」には驚いた。

パソコン上で、さまざまな「部材」を使い、

空間構成していく遊びだ。

建造物をっくると、自由にその中に出入りできる。

「おもちゃ」にしてこれだから、

もっと精密なものになれば、建築家がダイレクトに

建築設計できるのではないかと思った。

「絵の見方」を知るため心理学の本ばかり読んでいたが、

これじゃ古いなと。

 

講師の人もそれぞれバックグウンドがあって、

相当面白い。

「水の合う」職場である。

 


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode