心眼、開け

 

酔って描く。

心の眼を持ちたいとイメージするが、

出来上がってみると怖い絵に。

 

明日、発達障害のお子さんに絵を指導する初仕事だ。

初日は見学とのこと。

 

それまでに、役に立ちそうな文献を読みまくっている。

発達障害のスペシャリストである杉山登志郎著の

『発達障害の子ども』『子育てで一番大切なこと』

(講談社現代新書)は分かりやすく、

バランスのとれた良書。

ドナ・ウィリアムズ著の『自閉症だったわたしへ』

(新潮社)は、自閉症患者側から描いた手記で、

その世界が驚くほど深いことを知る。

 

絵の読み方を学ぶために、

アルシューラ/ハトウィック共著の『子どもの絵と性格』

(文化書房博文社)、

グレック・M・ファース著の『絵が語る秘密』(日本評論社)、

クリスティアーネ・ルッツ著の『子どもと悪』(晶文社)を

ひもとく。

後の2書はユング系で、肌に合う。

 

 

 


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode