ガラケー、がんばれ!

 

まだガラケーでがんばっている。

が、充電器が壊れそうである。

線が切れそうだ。

 

「ガラケー」って、最初、

「柄のある携帯」のことかと思っていたが、

「ガラ」は、「ガラパゴス化」という意味と知り、

余計なお世話だと思った。

 

ガラケーを持ち続けるのは、

スマホへの反感がある。

電車に乗れば、ほぼ8割の乗客がいじくっている。

これじゃあ、中毒だ。

情報がシャワーのように出て、便利すぎる。

ラインだのなんだの、

四六時中、人とつながりを強要されるようで

うっとおしい。

機能が格段にシンプルなガラケーの方が、

まだましだ。

 

ガラケーよ、壊れるな。

 

 

 


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode