東京のイスラムモスクに行く

 

代々木上原にあるイスラム教のモスク・

東京ジャーミイに行く。

土日祝日の午後2時半より見学会があり、

日本人信徒の下山茂さんが案内してくれるのだ。

 

20人ほどの見学者あり。

カップル、年配夫婦、母娘、おばさんグループ、

外国人高校生など20名程度参加。

 

礼拝堂に案内され、10分ほどの礼拝の風景を見る。

アラブ系かターバンを巻いた若い信者が

朗々とコーランを読み上げ、

インドネシア観光客含む数人の信徒が、

エルサレルの方角を示す前面の扉に向かって

何度も額づく。

こうした祈りを、日々5回繰り返すとのこと。

イスラム教徒にとって、大変なことではないと下村さん。

「食事も、間食を入れれば5回はとります。

祈りは、魂の食事と同じ」。

一日の中で、神に祈る聖なる時間を持つということは、

精神衛生上、とても良いかと思う。

 

便所に行くが、小便用の便器がなくてとまどう。

最初、蛇口の並ぶ壁がそうだと思ったが、

手足を清めるところであった。危ない…。

とまどうこちらを見かねて、

アラブ系であごひげをした感じのよい青年が、

案内してくれる。

小便も便器に座ってしなければならないという。

飛び散りは厳禁なのだろう。

イスラム教徒は、非常に清潔なのである。

 

あと、

セルフサービスで飲めるトルコチャイと

あまいナツメグの実が美味しかった。

 


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode