演歌に対する偏見考

 

ラジオでふと演歌を聞く。

やはり、受け付けないところがある。

自分の中の染みついた偏見があるだ。

 

「演歌」といわれイメージするのは、

「中年の恋」「不倫」「失恋」「未練」「片思い」

「スナック」というもの。

歳を重ねれば、多少分かるものかなと思っていたが、

分からない。

 

演歌でも好きなものはある。

森進一の「冬のリビエラ」や

美空ひばりの数曲はいいと思う。

でも、どこか突き抜けていて「演歌」的でないと

勝手に思っている。

 

世代的なものもあるかもしれない。

30年前、自分が若者の頃、すでに「新世代」と呼ばれていた。

聞く曲はアイドルものか洋楽であった。

なおさら、スマホ世代の、今の若い人が、

演歌を好んで聞いてるとも思えない。

 

しかし演歌は廃れない。

夜な夜なスナックのあちこちで熱唱され続け、

若い歌手がデビューし続ける。

この国に生きている限り、

演歌的要素が自分のどこかに、ひっそりあるかもしれない。

 

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode