大賢人トルストイ曰く…

 

トルストイの『生命について』(集英社文庫)を読書中。

古本屋でパラパラみて、この人の生命観を通して

科学観や宗教観が論じられているのに興味を持ち、買う。

100円なり。

 

まだ途中だが、一つの考え方を、

いろいろ言い換えて言葉をつらねているなと思う。

自分なりに、こう解釈してみた。

 

人間は、「個」として、己のみの幸せを追求しても、幸せにならない。

欲望を肥大化させて、物質を取り込むだけ。

それは、欲望の「袋」たる、あるいは、欲望の「獣」たる状態。

 

真の幸福とは、「個」を捨てること。

自分だけの利益を求めない。

「個」を「理性」の下において、

己という「個」以外の存在のためにつくすべき。

それによってはじめて「生命」につながり、

幸福を得ることができる。

これは、古の聖人が説き、

以来2000年の人類史が到達した真理である…と。

 

だから、トルストイにとって、「科学」は相当いかがわしく、

認識の間違った方法論ということになる。

科学は、物質の仕組みを解明するだけで、

「個」の意識を物質界にのみとどめる考え方だと。

 

では、「生命」とは何を意味するか。

「理性」とは何を意味するか。

「宗教」とどう付き合うか。

…は、まだ読んでない。

 

ごたいそうな問いである。

なにも教養を深めたいから問うのではない

(教養なんてクソくらえだ)。

中年時代の真ん中にいるから、

知りたいのである。

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode