自転車と自由

 

北千住のシネマブルースタジオで、

ハイファ・アル=マンスール監督の映画

『少女は自転車にのって』を見る。

ほんわかした映画かと思いきや、

サウジアラビア女性のきつい現状を描いたシリアスな作品だった。

 

主人公の少女ワジダは10歳のおてんば娘で、

男友達のアブダラと自転車競走がしたくて、

自転車を手に入れるために奮闘するストーリー。

 

これは、サウジアラビアの社会では、

相当に異端的なことなる。

女性が自分で乗り物を乗り回すことが禁じられているからだ。

成人女性が外出するときは、目だけ開いた

黒いチャードルに身を包まなければならない。

その肌を男性に見られてはいけないのだ。

この風習がつらいのは、

ワジダの母が通勤に利用している

乗り合いタクシーの運ちゃんと揉めたときによく描かれている。

へそを曲げた運ちゃんが家に迎えにきてくれなくなったとき、

母は移動手段を失って、職場に行けなくなってしまうのだ。

つまり失業に追い込まれる。

 

日常生活において女性は家に閉じ込められて、

徹底的に男社会の下で従属されている。

ワジダの父は、夫だけを愛するワジダの母にかまうことなく

さっさと若い女性を第二婦人として妻に迎え入れる。

尊厳もへったくれもない。

 

ワジダは、新しいタイプの女性だ。

自転車を自力で買おうと、

ストラップをつくり友達に売りつけ商売する。

学校のクルアーンの朗読会で優勝すれば賞金が出ると聞けば、

苦手だけど猛勉強する。

映画を見ていくうちに、ワジダの「自転車」が、

「女性の自由」にダブってくる。

そしてその獲得を応援してしまう。

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode