後ろ姿の風格

 

絵本をよむ1/

 

絵本を図書館からめくらめっぽう借り出しては、

猛烈に読んでいる。

周期的に訪れる発作のようなものだ。

 

書道家・乾千恵の『月人石』(福音館書店)を再読。

やはりいい本だ。

「絵本」というより写真集だが、

彼女の書を「絵」ととらえれば絵本である。

左ページが書で、右ページが写真家・川島敏生のイメージ写真となる。

写真右端に、詩人・谷川俊太郎の文が入る。

実に贅沢なつくりの絵本。

 

書は、扉・猫・風・音・馬・影・水・石・火・山・蟻・月・人の

12文字が1文字1ページずつ。

字の形態が写真と響きあって楽しい。

詩がピシリと入り、作品世界を深くする。

 

書は、ふくいくというか、

心の水量がたっぷり豊かというような。

「水」なんて字は、太い水がドボトボうねってるよう。

「音」は、太鼓の写真とかけあって、バチバチ鳴っている。

「山」は、「かなしみを うけとめている しずかなやま」の

詩が泣ける。写真は優しいなだらかな、まさに日本原風景の山。

書の山がまた「うけとめてくれる」大きな器みたい。

 

「人」の写真は、当初、写真家のイメージでは赤ちゃんだった。

それを詩人が、書道家の後ろ姿にしようと提案。

人の風格は後ろ姿に現れる、とするからだ。

乾さんは障害のある人らしいが、

書の「人」と響いてとてもいい姿に映ってる。

この人のうねった体そのものが、水墨の文字に見えてくる。

赤ちゃんより断然いい。

赤ちゃんは「白紙」であり風格は出ない。

この写真で、この絵本は名作になった。

詩人の直観は鋭いのだ。

 

おススメの絵本。

どこの図書館にも置いているはず。

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode