「不幸」の原因とは

夢の中で、世の不幸の原因は、

人の心中にある二匹の「勝馬」というお告げがある。

目が覚めて改めて思い起こすと、なんのこっちゃとなるが、

夢をみている時は、これこそ真実なのだと確信している。

 

「勝馬」という欲望まみれの馬が、

欲望の対象を手に入れたいと二匹ともども走り狂っていると、

お互いをけん制し、嫉妬し、邪魔しつつ暴走するというのが、

夢中の夢ときである。

 

どうすればよいのかというと、

「勝馬」を一匹とし、足の遅くのんびりしたラバ一匹と

走るのが「幸福」だという。

「勝馬」は人生を切り開いていく推進力となり、

ラバはそこから派生する緊張感をとき、

行き過ぎを留めるブレーキ役になるとのこと。

バランスをとれ、ということかもしれない。

 

強烈に覚えていることから、

無意識の底で確信していることなのだろう。


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode