1965年の中年男に想いを馳せる

 

勝新太郎主演の映画『兵隊やくざ』を半分見る。

 

日本の軍隊は、なぜあんなにサディステックに

兵隊を殴るのか、改めて知りたくなる。

今の日本社会の人間関係の在り方を

確実にトレースしているだろうから。

 

勝シン演じる二等兵・大宮は、

その軍隊内の撲りや制裁に際して、

「素直」に反感し、大暴れしているだけである。

彼はヤクザで喧嘩っぱやいが、

怒り狂うにはいつも正当な理由がある。

自己顕示欲や気弱のせいで暴力をふるう上官より、

よほど理性的だ。

大宮は、弱い者いじめはしない。

 

この映画1965年作ということは、戦後丸20年で、

軍隊で青春を過ごした若者が中年に達した頃である。

その中年男の観客が、軍隊への鬱積した恨みを

勝シンに託して溜飲を大いに下げたことだろう。

だから大ヒットしたわけだ。

 

当時の高度経済成長期の会社は、

変体した「軍隊」だったのかもしれない。

上司部下の階級による統制と制裁の元、

集団エネルギーは束ねられ、

「豊かさ」への獲得に、まっしぐら直進していたのではないか。

そのガス抜きには、『兵隊やくざ』のような

虚構のアウトローが大いに重宝されたのだと思う。

軍隊経験者の中年男たちの心は、

相当複雑で屈折しているか、または虚ろだったのか。


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode