もったいない…

 

2017年に大手小売業者が廃棄した

ニホンウナギは、約2.7トンとのこと。

売れ残りが廃棄の理由だそうだ。

ああ、実にもったいない。

本当にもったいない…。

 

自分もよくスーパーでうなぎのパックを

目にするが、

手が出ないのは少々お高目だからだ。

切り身だと500円ぐらいだろうか。

一匹まるこどだと、やはり2000円近くはする。

それなら、チェーン店のウナギ店で、

安どんぶりを食べようかと思う。

 

基本的に高いから、

安くてボリューミーな

サンマやサバのパックに、つい手が伸びる。

スーパーで安売り魚と紛れ込ませるには、

ウナギは高級魚にすぎる。

だから売れ残ってしまう。

 

もっと大切に食べよう。

焼却炉の火炎が「美味い美味い」と

舌つづみを打つわけではない。

なんたる無駄。

ニホンウナギは絶滅危惧種であるそうだし。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode