フェイスブック、無明の風

 

フェイスブックで外国人から「承認」を求められると

喜んでOKする。

だが、ここのところ、たてつづけに詐欺師たちから

アクセスされる。

 

今度はアラブの資産家で銀行家の人から。

私と同姓である日本人でヨーロッパの政治家が遺した資産を

山分けしないかとのこと。

同姓であることが、こちらを指名する理由だとのこと。

 

あの手この手でくるが、パターンはみな同じ。

うまい話の後、こちらのメールアドレスを

求めてくることだ。

 

フェイスブックが特別に危険なツールとは思わない。

「世間」であることで危険なのだ。

ただ、ある個人によるむき出しの欲望や悪意が、

こちらにピンポイントで届くことがわずらわしい。

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode