「ホドロフスキー」症候群、再び

 

早稲田松竹で、アレハンドロ・ホドロフスキーの

特集をやっていて、

『リアリティのダンス』と『エンドレス・ポエトリー』を見る。

両者ともにホドロフスキー自身の自伝的作品だ。

前者が少年時代、後者が青年時代にウエイトを置く。

瑞々しい映像美が、あくどいほどこれでもかと繰り広げられる。

80歳代とは思えないタフな精神力だ。

 

この2本で、ホドロフスキーが、幼少期から青年期までに

父との血みどろの闘いをしていたことを知る。

その父とはマッチョで力にあふれ、暴力を辞さない支配者である。

一方、母は豊満な女性らしい女性で、話すとソプラノボイスで

歌ってしまう人だ。

そのアンバランスが楽しい。

 

『リアリティ』の方で、ホドロフスキーは、

父に試練をあたえる。

共産主義者として、自国チリの独裁者を暗殺する

冒険劇に放り込むのだ。

彼は、チャンスを前にしつつも、

同情や憐憫のために独裁者の暗殺に失敗してしまう。

そのことによって父が、結局は、

息子ホドロフスキーや母と通じる

「愛の人」であることを証明したのだ。

ラスト、父と息子は、長い葛藤を経ての和解を

実現させる。

それを、老いたホドロフスキーが

映画を通してやりとげたことが感動的なのだ。

 

学生のころ、『エル・トポ』を見て愕然とし、

世界は広いと思った。

そのホドロフスキー映画は、なんと現在進行形ですごい。

また中毒になりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode