ゴッホの絵がアニメに

 

早稲田松竹で、

映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』を見る。

ゴッホの死因は自殺かいなかと問い詰めていく

サスペンス風味もある映画。

 

一度実写で撮影したフィルムの上に、

ゴッホ調の油絵具を重ねた映画。

ゴッホの絵がそのままアニメになった独特の世界で、

色彩や造形のメタモルフォーゼが美しい。

 

でも、ゴッホの絵は絵で完結した世界なので、

かえって映画は絵の無限性を狭めたように感じるのが不思議。

100人の画家が映画制作に携わったそうだが。

 

また、アニメはアニメ独特の表現方法から

その独自性がドロッと花開くもの…。

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode