「除染」でなく「移染」

 

映画『福島 生きものの記録」2/

 

映画の中で、

京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんは、

福島の被災地での「除染」は「移染」にすぎないという。

つまり、生活圏の汚染された土をひっぺがえして、

被災地内の他の場所に移しているだけ。

放射能をおびたゴミ袋が広大な敷地に置かれ、

どこへも移動できずに放置されている状態が

映像に映し出されていた。

また、カメラは、一つの袋をこじ開けて、中の汚染米を

食い散らかすイノシシもとらえていた。

 

シンポジウムで生物学者の一人が、

汚染土を「移染」することは、生態系にも

破壊的な影響があるとする。

地面5僂泙任蓮微生物、昆虫が密生する、

生態系でも重要なエリアだからだ。

 

「除染」は、

年間1兆円の復興費の中で結構な額を使いつつ、

目的を達していない。

しかも、生態系を混乱させている。

壮大な無駄が無計画に行われている。

 

小出さんは、一番安価で現実的な対応法は、

チェルノブイリのように、被災地を封鎖し、

人が一切立ち入らないようにすることだという。

そして、放射能汚染のゴミは、

すべて福島原発の敷地に積み上げるべきと。

原発がすべての原因なら、

ゴミ捨て場になるのは当然だと思う。

 

被災地の全封鎖は、人情として割り切れないところもある。

チェルノブイリの出入り禁止の村に、

多くの人が、被ばく覚悟で住んでいる。

故郷の土になるために。

 

 

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode