遠い遠いオリンピック

テレビがない。

だから、

なかなか伝わってこないオリンピックの様子。

でもあえて、

伝わらないようにしているところもある。

国家の威信や企業のお金が渦巻すぎて、

「どこがスポーツの祭典だ⁈」と

日頃うさんくさく思っているからだ。

 

人気競技の放映権が欧米に持っていかれて、

現地時間で深夜や早朝など、

とんでもない時間に選手が競技する羽目になる。

欧米での放映のゴールデンタイムに合わせるから

そうなる。

 

選手も気の毒である。

どうしたって国を背負わされる。

国民からは無責任に気楽に期待される。

北朝鮮の選手は、メダルがとれなければ、

強制収容所行きだという噂も聞く。

かつて芸人・猫ひろしが、

オリンピックに出たいがために

カンボジア国籍をとってあちらの選手となったことは、

実に画期的なことなのだ。

個人が国を堂々と利用したんだから、清々しい。

 

オリンピックなんか見るものか。

でも、サラちゃんが銅メダルをとったのは嬉しいな。

彼女が日本人であろうと

何人であろうとかまいはしない。

素敵な人が、目標を目指して輝く姿が素敵なだけで、

オリンピックなぞ関係ない。

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode