「演劇」としての相撲

 

ラジオで断片的に聞きかじっているにすぎないが、

相撲界がどうも嫌な雰囲気のようだ。

モンゴルと日本の双方の感情がこじれていく可能性もある。

 

問題の根は、相撲が、神聖な国技であり、

同時に「見世物」であるということだ。

 

日本の相撲は国技であるゆえ、

美しきがちんこ勝負を力士に要求する。

力士にしてみれば、それでは体がもたない。

「見世物」として過酷な勝負を常に強いられ

続けられるのはたまらない。

 

外国人であれば、「日本国技」は心情から

そもそも遠いものである。

すさまじい見世物の加重労働から、

身を護るための「八百長」は、

合理的判断として行いうる。

そこに流れていく心情は、

日本人力士といえど、状況は同じかもしれない。

 

苦労して力士になった限りは、

できるだけ長く相撲界にいて、

地位と名誉と金を獲得しなければならない。

元をとらないといけない。

「八百長」という談合は、生活のために必要なのだ。

 

もし、相撲の「国技」の要素を

純粋化させたいというのであれば、

非公開にすべきである。

天皇が行う祭事のように。

 

現在のような巨大な興行の形態を続けるなら、

観る側は、相撲とは、本当のところ

「見世物」と認識すべきである。

そして「国技」の要素は、

「見世物」を味付けするスパイスみたいなものとも

認識すべきである。

つまり、演じ切られる「八百長」を、

「演劇」として楽しめということだ。

 

現在の力士は、

神に捧げられる生贄ではない。

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode