無重力レスレング

 

無重力遊び/1

 

火星へ行くまで、ロケットで半年かかるという。

その間、問題となるのは時間の潰し方だ。

船内という密室空間で精神的に健康を維持し続けるなら、

気晴らしが必要だ。

そこで無重力スペースを使ってのお遊びを、

色々考案しようと思う。

そのうちNASAから声がかかるかもしれない。

 

第一弾は、無重レスリングである。

ルールは簡単。

密閉された球体内の赤い印に体をつけたら負け、

というもの。

もちろん球体内は無重力であり、

二人向かい合う競技者は、

上下左右の方向感覚を持てない。

ただし、赤い印は固定されているので、

そこに意識が方向性を見出すだろう。

 

このレスリングは、腕力があまり必要ない。

強く相手を押すほど、作用・反作用の法則で、

自身も吹っ飛ばされてしまうからだ。

相手を赤い印に追いやるには、

繊細な力加減、幾何学的構想が求められる。

いはば、「人間ビリアード」であり、

思考力と熟練の技が勝負を決める。

 

競技者の汗は、球体の水滴となって飛び交い、

それが体にまつわりついてくるのは

いささかうっとうしいかもしれない。

裸よりは、汗を吸着するウェットスーツでも

着るのがよいかも。

 

 


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode