リー・バンの懐かしい不敵の笑み

 

最近ユーチューブで過去のCMを見ると、時代のカラーを感じて面白い。自分が子供の頃って、おっさんの、それも外国の名優がよく画面に登場した。リー・バンもそうだが、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロン、ジェームズ・コバーンとか。「男臭い」=「かっこいい」が通った時代って、まだまだ男の社会だったのか。今の日本は、女性(文化)がどんどん強くなっているように思う。セーラー服姿の少年たちが、少女の軍団と海岸を進むCMなんか見ると、そう感じてしまう。

http://www.youtube.com/watch?v=aj4Tz9mIdoU


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode