希望的観測



上のストーリーの詳細は省くが、ヤマトが戦艦大和をモデルにしているなら、先の大戦と重ねて見てしまうのはしかたない。山本五十六が、「暴れられるのは開戦後半年だけ」と真珠湾を攻撃した。が、アメリカとの圧倒的物量の差から考えれば、その後の敗戦は論理的必然。当時日本の軍部や政権にあったのは根拠のない希望的観測の勝利だけ。映画のヤマトも、大局的な戦略も立てられない状況に追い込まれている。そこからやぶれかぶれのヒロイズムが生まれてくる。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode