ゲームとしてのいじめ

 

川上未映子著「ヘヴン」ぁ燭い犬瓩訛Δ蓮怪我という「証拠」を残さない程度の暴行を加える。計算高く、保身的ともいえる。この行為が、自分たちの加害であると問題化されれば「やばい」ことは認識しているわけだ。内藤朝雄著「いじめの社会理論」 では、いじめる側は、いじめを通し、相手を物のように自分の思いどおりにすることで、全能感を得るという。いじめはスリリングな楽しいゲームとして体験される。もちろん、いじめる側の話である。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode