コジマ、「うれぱみん」と言う

 

川上未映子著「ヘブン」◆深蟷罎篭擬爾隆の中に届くように。そして、公園での待ち合わせの誘い。「僕」はいじめっ子グループの仕業かと警戒するが、行く。砂場のフンを見て、これを食わされるのかもと油汗。だか意外な女の子、クラスメイトのコジマが待っていて面食らう。手紙のやり取りをする約束を交わす。彼女は「僕」が彼女を受け入れて、思わず「うれぱみん」と言う。孤立した二人が、「友」という居場所を見つけた瞬間。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode