小さなメッセージ



川上未映子著「ヘヴン」 疹紊亮膺邑「僕」は、中学2年生、14〜15歳。著者の川上氏は、時代設定を、自身が中学生だった頃にしているようだ。すると1990年前後か。私は川上氏より8歳年上なので、自分が中学生だった頃と重ね合わせて読みこんでも、あまりズレはないだろうと考える。「僕」は、日々学校で、同学級のグループから、苛烈ないじめを受けている。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode