見通しもなく、始めます…

 

「読みルポ」って、造語です。本を読んで思い浮かべた状況を「現場」と見立てる。そして、そこで考えたこと、思った自分の想念を、実際に起こった「事件」として、絵と文で記す。と、イメージしています。評論でなくて、本のシーンごと生きてみる、といった試み。つまり、ページの向こうは未来の世界ということ。見通しもなく、タッチもどうするか…とにかく、始まってしまいました…。

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode