エレキで叫べ、般若心経

 

パンク般若心経1/今、高神覚昇著の『般若心経講義』を読んでいる。初版は昭和27年で、敗戦の焼け野原に呆然とする日本人を励ました名著だ。この本から学んだことより思い浮かんだイメージで遊んでみたいと思う。「般若心経」といえば抹香臭い感じがするが、その内容はえらく過激ともいえる。世のちゃぶ台をひっくり返して叫ぶパンクロックの精神に通ずる気もする。とんがったエレキの響きにノリノリ体をのけ反らせ、「空」の世界に飛び込むぜぇ〜ザボンッ!

コメント
ずいぶん秋らしい気候になり、
ゆっくりと読書でもしたいなと思っている今日このごろです。

般若心経は“ぶっ飛んでいる”というイメージがあって、
「パンク」という表現が凄くしっくりきました。

続編を楽しみにしています!
  • 浅草女子
  • 2013/09/11 8:48 PM
窓から入る風は、自然エアコンのようで、やっと心地良い季節となりました。

パンク般若は、散発的に延々とやろうと思います。その都度、ぜひ「空」をご一緒に満喫し、リフレッシュしていただければと思います。
  • 旅人
  • 2013/09/12 10:45 AM
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode