未来社会の救世主



インチキ広告4/ 時は22××年の未来。日本は人口が半分に減ってしまう。人材不足に陥った企業は、社員にアンドロイドロボットを使用し始める。現在価格(2013年) で一体100万円ほどで廉価である。一度購入すれば、給料いらずで働いてくれる。人工脳にはいろんな人間の性格がプログラム。上は「小沢一郎」タイプで、気に入らない社員派閥のトップに据えて、社内で反乱を起こさせ、派閥を率いて会社を辞めるタイプ。意外と人気で、給料取りの人間をゴソッと追い出したい会社の人事部が重宝している。首には、有能社員、窓際社員などとよりどりみどり。一個20万円。首と体は簡単に切り離せる。たまに社長をアンドロイドにする会社がある。不祥事が生じれば責任をおっかぶせ、「辞任します」と首だけすげ替えればすむからだ。技術が進むほどに、世の中さらに世知辛くなりそうてす。この商品、頭金の頭代20万円で予約を承ります。お気軽にご連絡ください!

コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode