二人のリーダー

 

パプア調査10/10月14日から17日まで、ラバウルから南東20キロに位置するココポにある教会区に滞在した。女性陣は修道院のOLSH、私は教会弁護士のフランシス・メリさんの自宅に宿泊。15日は、今回の調査をコーディネイトしてくれるポール・モヘ神父と妹のマリアさんと共に、南岸を巡るボートのガソリンの手配にラバウル港一円を奔走した。車にドラム缶を山積みするのに少し驚く。20%のガソリンは、マラクル村までの燃料に。伊吹吾郎似のポール神父は、教会としてのニューブリテン島南岸の視察・監督責任者である。マリアさんは地元女性のリーダーだ。お二人とも余計な世辞は言わぬといった実務的な感じだが、頼れる指導者の風格が漂う。

スポンサーサイト


コメント
コメントする








   

このサイト内を検索

sponsored links

携帯ページ

qrcode