モモ気分

 

バーで絵手紙しませんか?  1/

 

カクテルはバーテンダーにとって

「作品」ではないかと思う。

 

その感想を、カウンターで絵手紙するのはどうかと

思いつく。

グラスは描きやすいし、カクテルの色彩も

綺麗なので、恰好の画題である。

 

また、絵は、ほろ酔いで描くと、筆がなめらかになり、

着想ものびのびしてくる。

バーと絵手紙は、きっと相性がいいはずだ。

 

図書館でカクテルの本を借り、

写真を参考にしつつ

泡盛を飲みながら、絵手紙事例を何点か描いてみた。

上はそのうちの一枚。

 

バーだと一人2000円ぐらいとれるかなぁ。

それなら4枚、4グラスぐらい描かせてもいい。

バーの売り上げにも貢献する。

企画書を書いて、北千住や西新井周辺のバーに

メールしてみよう。

 

 

 

 


精神安定剤的に

 

バーで絵手紙しませんか?  2/

 

例えば、こんな感じ。

 

「あれも、これもしなきゃいけないと思うんです。

気ばかり急いてしまって」と、カウンターで愚痴る。

 

シャカシャカ。

 

「ホット・トディをどうぞ」と、バーテンダー。

 

味わって絵手紙。


五臓六腑をキーン

 

バーで絵手紙しませんか?  3/

 

 

客「なんかムシャクシャするな。変な誤解を受けてねぇ」

 

シャカシャカ、ジャラリ、コロン

 

バーテンダー「では、ライム入りのモスコミュールを」

客「く〜っ、爽快!  青い青い天空が見える…

  モンゴルに行きたい」

バーテンダー「なぜ?」

客「モスコミュールの『モ』で…」

 

 

 


新鮮な森の空気のような…

 

バーで絵手紙しませんか? 4/

 

 

客「毎日が同じことの繰り返しと、どうもね…」

 

シャカシャカ ドロリ、ドロリンリン

 

バーテンダー「では、キウィマティーニを。

       綺麗な緑でしょ」

 

客「ああ、なんという軽やかな酸味!

  何か、心の幕がベロリと破けたようだ…」

 

バーテンダー「変な感想ですね…」

 

 

 

 


「フア甘い」にくるまれて

 

バーで絵手紙しませんか?  5/

 

バーテンダー「お客さん、今日は眉間のシワが鋭いですね」

 

客「うん…いてろいろあってね」

 

シャカシャカ コクコク フワリ 

 

客「甘いなぁ、うん、でもいいねぇ、いける」

 

バーテンダー「シワ、消えましたね」

 

 


初恋の味

 

バーで絵手紙しませんか?  6/

 

客「紅組の赤いかぶったあの子は、一等だった。

  かけっこが早くてね。

  脚がすらり颯爽としていた」

  」

 

シャカカシャカ トクトク シュワーッ

 

バーテンダー「レオナルド、よき思い出に」

 

客「可愛い。こんな感。

  おさげ髪が、目に浮かんできたよ」

 

 


| 1/1PAGES |

このサイト内を検索

携帯ページ

qrcode